鹿児島にある小さな教室、特進スクールは個別指導の予備校・学習塾です。 個別指導の予備校、特進スクールはあなたの夢を叶えるお手伝いをさせて頂きたいと思っています。
トップ 特進の目指すもの 特進の個別指導 特進の指導科目 入学までの流れ 保護者の方へ 合格者体験談
鶴丸高校 再受験 合格 / Sさん
苦労の先の光
私は約1年前の3月、大阪で志望校に落ち進学する高校がありませんでした。今後どうするかを家族で必死に考え、最終的に母の故郷で高校再受験をすることに決めました。母の故郷である鹿児島は自然豊かで勉強しやすいと思ったからです。母に予備校をネットで探してもらい見つけたのが私が一年間通った(3月いっぱいは通って勉強しますけど、)特進スクールでした。鹿児島は大阪と全く環境が違い、なかなかなじむことができませんでした。また、特進スクールに入学した時、たくさんのお姉さんお兄さん方ばかりだったこともあり、しばらくは慣れませんでした。しかし、先生方やお姉さんやお兄さんに優しく接していただいたおかげでしだいに慣れ、楽しく通うことが出来るようになりました。
しかし8月くらいまで私は受験生の自覚がなく、周りの方々にあきれられていました。それが先生に活を入れられ、真剣に受験と向き合えるようになりました。自分が何のために鹿児島に来たのかを考えなおす機会でもあったと思います。
受験が近づくにつれ、少しは緊張しました。しかし、先生方が土台を積むサポートをしてくださったお陰で自信を持つことが出来ました。私立入試前の1月、受験間際だというのに一気に気が抜け、休憩時間もふざけた時がありました。その時も先生に「今のままでいいのか。夢を諦めるつもりか。両親と離れて頑張ってきたんじゃないのか。」と言われ、その時合格は自分の喜びだけでなく周りで支えてくださった方々の喜びにもなるから、みんなの支えを無駄にしてはいけないんだと思いました。
その後勉強に追い込みをかけ、無事2月には鹿児島高校英数科を特待生(3年間学費免除)で、3月には鶴丸高校に合格することが出来ました。これらの合格は特進スクールの先生方や親戚の方々、そして私が掴みとった合格だと思います。確かに大阪や両親、友だちと離れるのはとてもつらかったけれど、そんな試練があったからこそ光が見えたのだと思います。

合格者体験談一覧へ戻る
合格者体験談よくあるご質問卒業生のOBブログ
〒890-0082 鹿児島県鹿児島市紫原 3丁目 35 - 1
TEL 099-254-8700  FAX 099-254-8701
| 個別指導の特進スクール | 大学受験 | 高卒認定 | 高校生の学習補習 | 高校再受験 | 社会人資格 |
Copyright (C) 2009 Tokushin-school All rights reserved.
少人数・個別指導の予備校、特進スクールは、大学受験だけでなく、高卒認定試験、資格試験や公務員試験の一般教養対策といった様々な目的に合わせて個別指導で学習できます。